手軽にスキンケアできるオールインワンゲルは男性に人気の高い商品です。
しかし、中には合成成分を使用しているものもあり、肌への刺激も気になるところです。
オールインワンゲルの副作用などについて詳しく解説します。

オールインワンゲルの合成成分とは

オールインワンゲルは化粧水、乳液など、何種類ものスキンケア商品の役割を1つで兼ね備えていることが特徴です。
しかし、水分と油分という本来は混ざり合わないものをまとめるために界面活性剤を使用していることがあるので注意しなければいけません。

しかし、たとえばgeev(ジーヴ)は界面活性剤を一切使用していないので安心です。
合成着色料、パラベン等も使用していないので、デリケートな肌の人でも使うことができるのではないでしょうか。

オールインワンゲルの副作用に注意

確かにオールインワンゲルは簡単にスキンケアをすることができますが、場合によって肌に合わないこともあるので注意しなければいけません。
乾燥肌がひどくなったり、ニキビができるといった反応があるならば、副作用の疑いがあります。

使いはじめてすぐは問題がおきなくても、一定期間が過ぎてからトラブルが起きることもめずらしくありません。
特に目の周り、口元などは荒れやすいので、少しでも違和感を覚えたら使用を中止するようにしましょう。

日焼け後などに要注意

普段は問題なく使用できていたオールインワンゲルでも、夏に日焼けをした後に使って副作用が起きてしまうこともあります。
日焼け直後は肌が傷ついた状態になっていて、ほんのすこしの刺激でもトラブルを起こす可能性が高くなっているのです。
特に敏感肌ではない人でも、万が一のために少しでも肌への負担が少ないケア製品を選択するようにしてください。

肌にピリッとした刺激を感じるなど、少しでも様子がおかしいと思ったらまずは使用量や使用頻度を控えるようにしましょう。
遠慮せずにカスタマーセンターに相談することも大事です。

また、早目に皮膚科に相談するなどして、副作用が深刻化しないように気をつけてください。

以上のように、せっかく肌のお手入れをしようとスキンケア製品を使い始めたのに、かえってトラブルを起こしてしまうようでは本末転倒です。
特に紫外線の影響などで肌が敏感に傾きがちな夏場はいつもよりも肌への優しさにこだわるオールインワンゲルを使用して損はありません。
geev(ジーヴ)ならば初回のみ89%オフで使用できる特典もあります。
およそ1ヶ月分が届くのでじっくりと試してみてはいかがでしょうか。