男性は女性と比較してニキビができやすいといわれています。
実は男性の肌こそスキンケアが必要ですし、できれば男性用に開発された商品を使いたいところです。
そこでおすすめしたいgeev(ジーヴ)。
ニキビ対策にも役立つ理由を解説します。

肌本来のバリア機能を補う

セラミドは肌を外部刺激から守るという重要な役割をしています。
健康な素肌はセラミド層が問題なく機能していますが、何らかの原因で不具合が起きた時、肌トラブルが生じてしまうのです。
男性の肌荒れ、ニキビなどもセラミド由来のことが多々あります。
geev(ジーヴ)はセラミドに似た働きを持つフィットスフィンゴシを含有し、肌本来のバリア機能を高める働きが期待できるのです。

セラミドにダメージを与える大きな原因の一つの紫外線があります。
ノーメイクで炎天下を外出する男性は、女性とくらべて紫外線の悪影響を受けやすいといっても過言ではありません。
geev(ジーヴ)でしっかりとUVケアを行うようにしましょう。

ビタミンC誘導体で肌に活力

geev(ジーヴ)にはビタミンC誘導体であるSVG-24も含んでいます。
ビタミンCはシミ、ソバカスを防ぐのはもちろん、新陳代謝を活発にして余分な脂質を排除して、ニキビ予防にも欠かせない成分です。
シミ、ソバカス、ニキビのないなめらかな肌というのは、女性だけでも男性にとって様々なメリットがあります。
特に営業や接客の仕事をしているならば、見た目の印象も大切です。
社内の女性スタッフに嫌われ業務が滞るようなことのないよう、身だしなみには十分注意しましょう。

膿のたまったニキビに要注意

日常的にスキンケアを行う習慣のない男性は、ニキビが膿を持つまで放置してしまうことがあります。
こうなると、ニキビが落ち着いた後もクレーター状の跡が残ってしまうことがあるので注意しなければいけません。
かといって自己流のケアでは皮脂を除去しすぎて、かえってニキビを悪化させてしまうこともあります。
洗顔後にgeev(ジーヴ)を利用することで、間違いのないニキビケアをしましょう。

もし、膿を持つニキビができてしまった時には、早目に皮膚科や美容外科に相談することをおすすめします。

内服薬、外用薬、レーザー治療等で症状が落ち着いた後ならば、デリケートな肌でもgeev(ジーヴ)ならば問題なく使えるので安心です。

いかがでしたでしょうか。
ニキビ予防にも、ニキビ治療の後にも、geev(ジーヴ)ならば役立つこと間違いナシです。
ニキビに悩んでいる人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。