足の臭い、いわゆる「足臭」は男性だけではなく、実は女性でもキツイ人が結構います。
ストッキングにパンプスやブーツを履く女性の足元は蒸れやすく、むしろ異臭が発生しやすい環境になっているともいえるでしょう、足臭を解決するにはどうすればいいのでしょうか。

足臭の原因は雑菌

足が臭くなるのは雑菌が主な原因です。
汗はもともと無臭ですが、雑菌が繁殖することによって異臭を放つようになってしまいます。
雑菌の中でも特に白癬菌、バクテリア等は臭いの原因といわれています。
これらは一定の温度・湿度の下で繁殖しやすい特徴がありますが、靴下と靴で覆われている足元はまさにそういった条件を満たしているのです。
足元は臭いの元になる雑菌が繁殖しやすい環境なので注意しなければいけません。

足臭を取り除く方法

足臭を除去するには、清潔を心がけることが第一です。
洗い方が不十分では余計な雑菌が残り、臭いの原因にもなります。
入浴時には足の指の間までしっかりと洗うようにしましょう。
特に運動をしたりストレスを感じた時には足の汗をかきやすくなっているので、念入りに洗うようにしたいところです。

また、靴や靴下に注意することで足臭をある程度軽減することもできるでしょう。
長靴やブーツなど通気性の悪い靴はどうしても雑菌が繁殖しがちです。
そこにストッキングのような汗の吸収性に劣るものを組み合わせるとより悪い影響が出てしまいます。
綿の靴下にするなど工夫するようにしましょう。

毎日同じ靴ばかり履いていたり、小さいサイズの靴で足を緊張させることも余計な発汗を促してしまいます。
足臭予防のためには適切なサイズの靴を何足か用意して履き回すようにしてみてはいかがでしょうか。

アロンザ(ALONZA)で足臭を解決

以上のように足の汚れをきちんと落とし、靴や靴下にこだわることである程度の足臭を抑えることはできます。
しかし、根本的に臭いを解決したいと考えるならば、体内環境から整えてくれるアロンザ(ALONZA)を使用することをおすすめします。

植物由来の酵素で構成されたデオアタックという消臭成分が腸内環境を整え、臭いの元になる成分を徹底的に排除してくれるのです。

いかがでしたでしょうか。
消臭スプレーを靴に吹きかけるなどして足臭をごまかしてみても、臭いの元を絶たなければまた嫌な臭いはすぐに発生してしまいます。
ALONZA(アロンザ)を活用して体内環境を整えて、足臭が発生しにくい体を作ってみてはいかがでしょうか。