知らずし知らずのうちにキツくなっている加齢臭。
誰かに指摘されて、始めて気づく人も少なくありません。
年齢に伴って発生する嫌な臭いの原因と対策について紹介します。

なぜ加齢臭が発生するのか

一定の年齢以上の人に生じる特有の臭い、加齢臭。
自分はまだまだと思っていても、実は周囲の人に迷惑をかけているということも少なくありません。
もし、朝起きて枕やシーツから異臭が漂っているようならば、加齢臭のケアをしても良い年齢にさしかかっていると考えて間違いないでしょう。

加齢臭は通常の体臭とは異なり、ノネナールという物資が原因になっています。
ノネナールは皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結合することによって生じます。
40歳以降になると男女を問わず、体内でパルミトオレイン酸と過酸化脂質が増加してしまうので加齢臭が発生しやすくなっているのです。
特に耳の後ろ周辺から分泌されることの多い加齢臭なので、なかなか自分では気づきにくいものですが、ある年齢以上になったら注意するようにしましょう。

加齢臭を解消する方法

加齢臭を解消するにはまず、体内でパルミトオレイン酸の発生をできるだけ抑えるようにしなければいけません。
パルミトオレイン酸は脂質を多く含む食品によって増加します。
ベーコン、ウィンナー、チーズ、フライドポテトなどは加齢臭を強くする可能性があるので控えるようにしましょう。

加齢臭のもう一つの原因である過酸化脂質は活性酸素によって増加します。
活性酸素はストレス、喫煙、過度な運動などによって体内で増加するので注意しましょう。
アンチエイジングのためには適度な運動も必要ですが、激しすぎる運動はNGなのです。

また、入浴の際には必ず耳の後ろをきちんと洗うようにしてください。
ついおろそかにしてしまいがちな部位ですが、加齢臭の発生源にもなっているので、特に清潔を保つように心がけましょう。

加齢臭対策にはALONZA(アロンザ)

加齢臭独特の臭いを解消したいなら、おすすめはALONZA(アロンザ)です。
加齢臭だけではなく口臭、体臭もカバーしている商品なので、幅広い年齢の人に愛用されています。

体内環境を整えて臭いの発生源を抑えるALONZA(アロンザ)なので、嫌な臭いを根本的に解決したいと考えている人におすすめです。

これまで、どんな方法を用いてもなかなか改善されなかったという人は、ALONZA(アロンザ)のような体内からのアプローチが足りなかったのかもしれません。
ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。