サプリメントでまつ毛を育毛できるというのを意外に思う人もいるかもしれません。
しかし、美容に人気の高い人たちの間でジワジワ話題になっているまつ毛サプリメントのラシュモをご存じでしょうか?
いつまでも若々しいまつ毛をキープするならラシュモを摂取しましょう。
この記事では、ラシュモの魅力とまつ毛の育毛「まつ育」のポイントを紹介します。

ラシュモってどんなサプリ?

ネットの口コミなどでも話題のラシュモですが、具体的にはどのようなサプリメントなのでしょうか?その成分などを見てみましょう。

ラシュモでまつ毛の新陳代謝を活性化する

ラシュモはまつ毛を強く健やかに保つためのサプリメントです。
実は、まつ毛は日々、生まれ変わりを繰り返していることをご存じでしょうか。
まつ毛は頭髪などと同じように毛周期という一定のサイクルで抜けたり、新しく生えたりしているのです。

どんなに丈夫なまつ毛でも、ずっと生えたままというわけにはいきません。
問題は、まつ毛が抜けた後に次のまつ毛がきちんと育っているかという点です。
もし、ずっとキレイなまつ毛でいたいならば、新陳代謝を活性化することがポイントといえるでしょう。
だからこそ、新陳代謝を活性化する成分を豊富に含有しているラシュモがおすすめなのです。

まつ毛に必要なメチオニン

新しいまつ毛を育てるには、体内にぜひ取り込みたいいくつかの栄養素があります。
たとえば、まつ毛を強くするにはシスチンというアミノ酸を体内で合成しなければいけません。
硫黄を含むシスチンは、毛、皮膚、爪を作るのに必ず必要な成分です。
美肌、美髪はシスチンで決まると言ってもいいでしょう。
シスチン不足を起こすと、皮膚はガサガサに、頭髪は薄く、まつ毛は切れやすくなるといった問題が起きてしまいます。

シスチンはメチオニンという栄養素によって作られます。
体内でのシスチンの合成を活発にしたいならば、ナッツ類、豆類、チーズ、牛乳、カツオ、マグロ、鶏肉、牛肉、羊肉などを食べるようにするといいでしょう。

ただし、メチオニンを含む食べ物を摂取しただけで、ただちにシスチンの合成がスタートするわけではありません。
触媒となるビオチンの働きが必要です。
ビオチンが豊富な牛レバー、魚介類、ヨーグルト、大豆、卵などを食べるようにしましょう。

しかし、忙しい毎日を過ごしている人は、食事の栄養バランスを気にしてばかりもいられません。
ラシュモならば手軽にビオチンを摂取することができます。
ラシュモはビオチンを業界トップレベルで配合していることで有名です。
まつ毛の毛周期を整えるのにも大いに役立つでしょう。

まつ毛は亜鉛も大事

まつ毛は頭髪や皮膚と同じように、生まれ変わるときに亜鉛が必要です。
食べ物ならば牛乳、納豆、豚レバー、牡蠣などに亜鉛含有量が多いといわれています。
たとえば、毎日牛乳を飲むようにするのもいいかもしれませんが、それだけではどうしても十分な亜鉛を摂取することは難しいです。

亜鉛の摂取に悩む方にもおすすめしたいのがラシュモです。
ラシュモならば不足しがちな亜鉛をしっかりと補うことができます。

ラシュモでは亜鉛酵母を使用しています。
亜鉛酵母とは、酵母に亜鉛を取り込ませたものです。
食物の中の亜鉛もタンパク質や核酸と結合しているので、より天然素材に近い形で亜鉛を摂取できるようになっています。
亜鉛酵母と一口にいってもさまざまなものがありますが、ラシュモは国産の原料のみを使用しています。
純国産だから安心して口にできるのではないでしょうか。

マカでまつ毛を元気に!

マカ=男性精力剤という誤解をしている人は少なくありません。
しかし、マカは男女を問わず使用できます。
体内にパワーをチャージしてくれるので、疲れが溜まった体をシャキッとさせてくれるでしょう。
さらに「毛周期」のリズムを正常化する効果も期待できます。

ラシュモはマカ粉末を含有している点もユニークです。
脂肪燃焼、疲労回復、肌荒れ改善効果もあるとされているマカ粉末。
まつ毛はもちろんのこと、その他のお悩みを解決してくれる魅力的な成分と言えます。

ポリアミンでまつ毛イキイキ

ラシュモに含まれているポリアミンは、細胞の新陳代謝を正常化し、細胞増殖を促進するといわれています。
きのこ類、納豆、鶏肉、チーズなどの食材に含まれていますが、外食などが続くとどうしても不足しがちな栄養素です。
そんな時もラシュモがあれば心配ありません。

ビタミン豊富なラシュモ

ラシュモはビタミンも豊富に含んでいるサプリメントです。
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD3、ビタミンEなど、ビタミン群が充実。
さらに、葉酸、ステアリン酸カルシウム、結晶セルロースなども手軽に摂取できます。
新陳代謝を促す成分で、まつ毛の健康をあらゆる面からサポートしようと開発されたラシュモならではです。

お得な価格だから毎日続く!

ラシュモは各種有効成分とビタミンを豊富に含んでいます。
それだけに「金額が高そう」と誤解する人も少なくありません。
しかし、ネット限定特別コースならば、初回はなんと980円です。
初回限定ですが、通常価格の88%オフになるというのですから見逃せません。

ネット限定特別コースがお得なのは、最低でも4ヵ月は継続することが約束のプランだからとも言えます。
ただし、5ヵ月目からは、自由に休止・解約できるので安心です。
もし、4ヵ月続けたならば、合計金額は18,920円になります。
4ヵ月続けなければいけないことに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、どんなサプリメントでも効果を実感するまでに時間がかかります。
だいたい人間の身体の変化には3ヵ月必要と言われているので、4ヵ月というのはちょうどいい期間ともいえるのです。

高額サプリメントはつい、ケチケチ飲んでしまうという人も結構いるのではないでしょうか。
しかし、サプリメントは毎日コツコツ飲んでこそ意味があるとも言えます。
リーズナブルなラシュモならば気軽に毎日飲むことができるのです。

まつ毛にサプリメントは必要?

まつ毛の健康にとても役立ちそうなラシュモですが、「そもそも、まつ毛にサプリメントなんて必要なの?」という疑問もあるかもしれません。
たしかに、まつ毛はダメージを受けていることに気づきにくい部位でもあります。
しかし、実はまつ毛は数多くのリスクにさらされているのです。

ほんの少しの癖でもまつ毛にはNG

日常生活の中の何気ない動作が、まつ毛にとっては大きな痛手となることも少なくありません。
たとえば、よく目をこする癖がある人は要注意です。
ほんの少しの摩擦でもまつ毛は抜けやすくなってしまいます。
たとえば、花粉症で目がかゆい時にはついこすりたくなることもあるかもしれません。
花粉症の季節の前から症状を軽減する薬を処方してもらうなどの工夫が必要です。

目薬をよく使っている人は、まつ毛の部分に目薬を溜めないようにしましょう。
目薬の成分が余計な刺激となって、まつ毛の生育の妨げになることもあるからです。
まれに、まつ毛が長くなる目薬も存在します。
しかし、それは緑内障治療のための眼圧を下げる目薬です。
当然、緑内障ではない人が使用するわけにはいきません。
また、まつ毛が長くなるだけではなく、目の縁が黒くなるなど、必ずしも良いことばかりではないのです。

不規則な生活もまつ毛に悪い

頭髪や皮膚を美しく保つには食生活や睡眠時間を整え、規則正しい生活を送ることが推奨されていますが、まつ毛もまったく同じです。
まつ毛を作るのに必要な栄養素をしっかりと摂取して、睡眠も十分とるようにしましょう。
もし可能ならば、成長ホルモンの分泌がピークを迎える22時から深夜2時の間には寝ているようにしたいところです。
お仕事やライフスタイルによっては難しいかもしれませんが、睡眠のゴールデンタイムに少しでも睡眠をとることをおすすめします。

ビューラーの使用もほどほどに

最近では高校生の頃からビューラーを使用している人も少なくありません。
確かにまつ毛をぱっちりとさせ、目ヂカラを強調するのに便利なアイテムです。
しかし、ついやり過ぎてしまうことはありませんか?
まぶたが裏返るほどひっぱる人もいますが、これはNGです。
必要以上の力でまつ毛をひっぱったところで、美しくカールさせることはできません。
それどころか、まつ毛の産毛を抜いてしまうでしょう。

まつ毛の産毛が次々と抜けても、最初はあまり気づかないものです。
なぜならば、まつ毛の産毛はきわめて細かいので、抜けたとしても全体的な印象はあまり変わらないからです。
まつ毛の産毛は、現在生えているメインのまつ毛が抜けた後を埋める予備軍のようなものといえます。

今、どんなに元気に見えるまつ毛でもいずれは抜ける日が来ます。
永久に生えているまつ毛はありません。
その後に新しいまつ毛がきちんと生えていることが大事なのですが、ビューラーの使いすぎで産毛を根絶やしにしてしまっては、いずれまつ毛がまばらになる日が必ず来てしまいます。

そっとビューラーを使っているのに、なぜかまつ毛が抜けるという人もいます。
それは、ビューラーのゴムの部分が劣化している可能性があります。
古くなったゴムもまた産毛が抜ける原因になるのです。
2~3ヵ月に1度はゴムを取り替えることをおすすめします。

まつエクもリスクがいっぱい

まつエクとは、まつ毛に1本ずつエクステンションを貼りつけていくというものです。
最近ではいろいろなところにまつエクサロンがあり、アイリストの施術を気軽に受けることができるようになっています。
アイリストは言ってみればまつ毛の専門家です。
抜け毛などのないように、注意して施術をしてくれるでしょう。

まつエクは3週間に1回ぐらいの頻度でサロンに通い続けなければいけません。
しかし、何度も施術を繰り返しているうちに、まつ毛がどんどん弱くなってしまうこともあります。
もし、まつ毛が少なくなってしまうと、まつエクを施すことがなくなってしまうので注意しましょう。

アイメイクは専用リムーバーで!

アイメイクは涙などで落ちないようにするため、ウォータープルーフになっているものも少なくありません。
いつものメイク落としでゴシゴシこすらないと落ちないものです。
しかし、まつ毛のためにゴシゴシ洗いは厳禁です。
アイメイクをスッと落とすために専用リムーバーを使うようにしましょう。
注意しなくてはいけないのは、まつエクをしているときです。
まつエクの接着剤がとれてしまうため、オイルクレンジングを使うことは一切できません。
オイルフリーのアイメイク専用リムーバーを選ぶようにしましょう。

つけまつ毛は優しくはがす

つけまつ毛は、いつでも気軽にイメチェンできる便利なアイテムです。
最近ではいろいろなタイプのつけまつ毛があり、ラメ入りタイプなど華やかな商品を楽しむのもいいでしょう。

つけまつ毛で注意したいのは、はがすときです。
力を入れすぎてしまうと、まつ毛の産毛を抜いてしまうからです。
一日の終わりにメイクオフをするとき、うっかりバリッとはがしそうになることもあるでしょう。
しかし、もしまつ毛の健康を考えるならば、そっと優しくはがすようにしてください。

サプリメントしか方法はないの?

まつ毛は数多くのリスクにさらされているといっても過言ではありません。
日々まつ毛の状態は悪くなってしまうので、サプリメントでのケアをできるだけ早いうちから始めた方がいいというアイリストや美容皮膚科医の意見もあります。

しかし、まつ毛をいたわる方法がないわけではありません。
サプリメント以外にはどのような方法があるのか見てみましょう。

まつ毛をケアするさまざまな方法とは

まつ毛はサプリメントでのケアが大変効果的ですが、他にもさまざまな方法があります。
サプリメントと比較してどのような違いがあるのでしょうか。

蒸しタオル&保冷剤

長時間パソコンに向かっていると目が疲れたと感じることもあるでしょう。
そんなとき、目だけではなく目の周囲の血行も悪くなっています。
血行不良はまつ毛の生育を阻害する原因です。
目の周りの血のめぐりは、いつもできるだけ良好にしておきましょう。

目元の血行を促進するには、蒸しタオルと保冷剤を交互に乗せて血行を促すのもよいでしょう。
一緒に眉間、眉山、目の下などにあるツボを押すのも効果が期待できます。

しかし、オフィスで蒸しタオルや保冷剤がいつも用意できるとは限りませんし、ツボ押しは素人には難しいものです。
間違って眼球に触る可能性がゼロではありませんし、飲むだけでOKのサプリメントと比較すると、確実にケアするのは簡単ではありません。

まつ毛専用美容液

まつ毛も美容液でケアすることができます。
まつ毛専用美容液もいくつかあるので、自分に合いそうなものがあるならば使ってみるのもひとつの方法でしょう。
しかし、まつ毛専用美容液は使い方に注意が必要です。
まつ毛だけに塗っておしまいにしてしまう人も結構いますが、必ず根元まで塗るようにしてください。
上まつ毛、下まつ毛両方に、どちらかに偏ることなく塗布することも大事です。

マスカラタイプ、ブラシタイプ、チップタイプなどのまつ毛専用美容液がありますが、おすすめはチップタイプです。
なぜならば、マスカラタイプ、ブラシタイプなどは液だれを起こしやすいからです。
使用後のマスカラやブラシは必ずティッシュでオフして雑菌の繁殖を抑えるようにしなくてはいけないなど、少し面倒でもあります。

もし、まつ毛専用美容液を使うならばチップタイプにするようにしましょう。
チップタイプは容器の口で余計な液体をしごいて、液だれを防止することもできます。
しかし、そうとはいっても「飲むだけでOK」というサプリメントと比較すると、いろいろと手間で続けにくいのではないでしょうか。

食事でまつ毛をキレイにする

まつ毛を強く長くしたいならば、食事を改善しましょう。
まつ毛も体毛の一種であることに変わりはありません。
したがって、体毛を構成する主成分のシスチンの素になるような栄養素を摂取するようにしましょう。
シスチンはアミノ酸の一種で硫黄を含有していることが特徴です。
この硫黄は体毛を合成する時に欠かせません。
まずはシスチンが豊富なオートミール、小麦粉、鮭、牛乳、牛肉などを食べるのもいいでしょう。

さらに、シスチンはメチオニンという成分によって合成されます。
メチオニンはチーズ、ナッツ類、豆腐、牛肉、カツオ、マグロなどに多く含まれています。
こういった食物はまつ毛の発育を良くするだけではなく、アレルギーの改善効果もあると言われているので、積極的に毎日の食卓に取り入れていくようにしましょう。

ここで注意したいのが、どんなにまつ毛の素になる成分を摂取しても、新陳代謝が滞っていては新しいまつ毛は作られないという点です。
新陳代謝を促進するビオチンをきちんと取るようにしましょう。
アミノ酸からタンパク質を合成するとき、ビオチンは欠かせない栄養素です。
大豆、卵、魚介類、レバーなどを必ず食べるようにしてください。

同様に、亜鉛も毛髪や皮膚の新陳代謝を促進する働きをしています。
まつ毛の健康を維持するには、しっかりと亜鉛を摂取してください。
亜鉛は牡蠣、納豆、牛乳、豚レバーなどに豊富に含まれています。
また、細胞の新陳代謝を正常化するポリアミンも忘れてはいけません。
きのこ類、チーズ、納豆、鶏肉など、日々の食事やおやつに取り入れるようにしましょう。

こうしてまつ毛に良いとされる食べ物を見てみると、複数の食材を上手に組み合わせて献立を考えなくてはいけないことがわかります。
忙しい毎日を過ごしていると、どうしても手抜きになってしまう日もあるでしょう。
やはり、一日も休みなく、まつ毛を強く美しくする成分を摂取するならば、サプリメントに勝るものはありません。

ラシュモはまつ毛に必要な栄養素をすべて摂取できるのでおすすめです。
1日2粒、いつでも好きなときに飲めばそれでまつ毛ケアは終了です。
ここまで手軽なまつ毛ケアというのは他にはなかなかないのではないでしょうか。

サプリメントによるケアのデメリットは?

まつ毛ケアにはいくつかの方法がありますが、比較してみてもサプリメントがおすすめということがわかります。
そんなサプリメントでも、もちろんデメリットがないわけではありません。
なかには粗悪な製品もあり、十分な効果が期待できないこともあります。
また、万が一の副作用にも注意したいところです。
体の中に取り入れるものだけに、品質にはとことんこだわって商品を選択するようにしましょう。

その点、確かな効果と体への優しさに十分配慮して成分を厳選しているラシュモならば安全です。
品質管理の行き届いた国内工場だけで製造されているというのも安心できるポイントと言えるでしょう。
サプリメントによるまつ毛ケアを考えているならば間違いありません。

ただし、そんなラシュモにもデメリットはあります。
それは1日2粒というあまりにシンプルなケアが災いして「つい、飲むのを忘れてしまう」というケースがあるということです。
サプリメントはとにかく毎日コツコツと飲むことが大事です。
たとえば「朝起きたらすぐに飲む」など、飲む時間を決めておけば、うっかり飲み忘れるのを防止することもできるでしょう。
早ければ1週間ほどで手応えを感じる人もいますが、なかには数ヶ月かからないと効果を実感できないケースもあります。
「効果の表れ方は人それぞれ」と割り切って、飲む習慣を諦めないようにしてください。

まつ毛もアンチエイジングが必要です!

お肌のアンチエイジングを頑張っている人でも、つい手を抜きがちなのがまつ毛です。
しかし、実はお肌以上にまつ毛のエイジングケアが重要というのはご存じでしたか?

まばらなまつ毛で5歳上に見える?

ツヤツヤのお肌は若さを演出するのに大事ですが、極端な話、ファンデーションを上手に使えばごまかせないこともありません。
一方、まつ毛は残酷なまでに年齢が出る部位です。
まばらなまつ毛というのはどうしても老けた印象を与えてしまいます。
そして、まつ毛がまばらになってしまうと、まつエクで盛ることもできません。
つけまつ毛で補うという方法もあるかもしれませんが、毎日つけまつ毛を装着するというのはなかなか大変なものです。
慣れれば時間もかからなくなるかもしれませんが、まつ毛への負担は少なくありません。
つけまつ毛を利用しすぎて、まつ毛をますます薄くしてしまうという悪循環に陥らないとも限らないのです。

まばらなまつ毛とフサフサのまつ毛では、見た目年齢は5歳以上違うとも言われています。
まつ毛の健康を考えるならば、アイメイクばかりに頼るのではなく、地まつ毛そのものを元気にするのが一番のアンチエイジングではないでしょうか。
サプリメントを利用すれば、まつ毛のエイジングケアもとても簡単です。
もちろん、まつ毛に何らかの違和感を覚えてからのスタートでも間に合いますが、できるだけ早くケアをスタートしておけばより効果的でしょう。
一般的に「お肌の曲がり角」と言われる25歳が、まつ毛にとってもひとつのターニングポイントとも言われています。
20代でスタートしてもまったく問題のないのがラシュモです。

いつまでも若々しいまつ毛とは?

そもそも「若いまつ毛」とは、どのようなものなのでしょうか。
顔のようにシミ、シワ、たるみなどが現れることもないので、加齢サインを見逃してしまうことも珍しくありません。
たとえば、若いまつ毛は太く、長く、ツヤツヤとしているものです。
一方、年齢を重ねたまつ毛は細く、短く、ツヤがありません。
まつ毛が抜けてしまったら、よく観察してみるのもいいでしょう。

まつ毛1本1本の長さ、美しさ、強さだけではなく、まつ毛全体がきちんと「毛周期」に従って生え変わりを繰り返しているのが若いまつ毛です。
どんなに、立派なまつ毛でもいずれは抜け落ちます。
その後に生えてくる新しいまつ毛の供給が間に合わないようでは、やはり、まばらなまつ毛になってしまうでしょう。

しかし、年齢とともにどうしても新陳代謝は衰えてしまうもの。
新陳代謝を活性化するために食事に注意したり、運動したりするのも大事です。
ラシュモならば飲むだけで新陳代謝を活発にする成分を補給できるので、大変便利と言えるのではないでしょうか。

物理的にまつ毛の新陳代謝が阻害されることもあります。
たとえば、まつ毛の産毛を抜いてしまうと、たとえ身体の内側で毛周期の乱れがなくても、新しいまつ毛を作り出すことができません。
なぜならば、産毛はこれから新しいまつ毛として育っていく、いわばまつ毛の赤ちゃんだからです。
つけまつ毛をはがすときなどに一緒に抜いてしまわないように十分注意してください。

もし、すでにまつ毛1本1本は短く薄く、毛周期も乱れがち……といった場合でも、ラシュモならばまだ間に合います。
口コミでも「若いまつ毛を取り戻した!」と、絶賛している声も少なくありません。

口コミでも評判の確かなアンチエイジング効果

ラシュモはまつエクサロンのアイリストも「まつ毛を土台から作り直してくれる」と、太鼓判を押しています。
アイリストはまつ毛の健康に人一倍敏感な「まつ毛の専門家」とも言うべき職業です。
なぜならば、まつ毛が元気でなければ、まつエクを施すことができないからです。
とくに、一定の年齢以上になると、どうしても長年のまつ毛への負担が出やすくなります。
そのため、施術をお断りしたお客様にラシュモをすすめているというサロンもあるとか。

 

「長年、通ってくださるお客様に、地まつ毛が足りなくなってきたのでそろそろまつエクはやめましょう……と、お話するのはつらいものです。
でも、ラシュモをおすすめするようになってから、まつ毛のエイジングケアに成功して、まつエクを再開したお客様も少なくありません。
これからもおすすめしたいと思っています」(東京都/アイリスト/32歳)

 

アイリストだけではなく美容関係者からの評価が高いこともラシュモの特徴です。

「サロンモデルという仕事柄、美容には気をつけています。
でも、やはり30歳を過ぎると、どうしても年齢を感じさせる部分が出てくるものです。
意外と盲点なのが、まつ毛といえるでしょう。
仕事の時につけまつ毛などを使う機会も多く、人よりもまつ毛にダメージをうけやすい生活をしているのも原因かもしれませんが、目に見えて短くなってきたんです。
そんな時にモデル仲間が教えてくれたのがラシュモでした。
皆、まつ毛の悩みは同じだったんですね(笑)。
飲み始めて1ヵ月ぐらい過ぎた頃、まつ毛が明らかに太くなってるのを感じました。
メイクさんにも、最近若返ったんじゃないって言われてます。
まつ毛って見た目の印象をかなり変えるんですね」(神奈川県/サロンモデル/31歳)

 

ラシュモによるエイジングケアは「もっと早く始めておけば良かった!」という喜びの声はありますが、始めるのが遅すぎた……ということはありません。
思い立ったら、いつでも年齢を逆戻しすることができるのです。

「こんな歳になっても、やはりキレイでいたいという気持ちは変わりません。
ある程度のシワは仕方ないとしても、すっかりさびしくなってしまったまつ毛をどうにかできないかなと思っていました。
ある時、帰省した娘のまつ毛が黒々とフサフサしていたので、何かしているのかと聞いたところ、ラシュモを教えてくれたんです。
1日2粒飲み始めてみたら、確かにまつ毛が元気を取り戻してくれて驚いています。
年齢を重ねるほど、地まつ毛が十分あるというのは大事ですよね。
若い頃はつけまつ毛などを楽しんだこともありますが、この頃は、何でも楽なのが一番!自分のまつ毛だけでぱっちりとした目元になれるならば、そうしたいところです。
娘に写メを撮って送ったら喜んでました。
これからも親子で続けていきたいと思っています」(埼玉県/主婦/72歳)

 

このようにどんな年齢の人にも、幅広く利用されているラシュモなのです。
顔の印象を驚くほど変えてしまう、まつ毛。
もちろん、つけまつ毛、まつエクなどで盛ることもできます。
しかし、そういった便利なアイテムは使えば使うほどまつ毛に負担をかけ、どんどん老けたまばらなまつ毛にしてしまうのも事実。
ラシュモで根本的な解決を試みてはいかがでしょうか。

 

ラシュモはまつ毛を元気にするために特別に開発されたサプリメントなので、エイジングケアにもピッタリです。
実はさまざまなダメージに日々さらされているまつ毛。
イキイキとしたまつ毛を作るためにも、1日2粒で気軽にまつ毛ケアができるラシュモ生活を始めてみませんか?