現在、スプレーや汗ふきシートなど、様々なニオイケアにまつわる商品が販売されています。
しかし、効果が全然出なくて困っているという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は注目のデオドラントクリーム、CONIF(コニフ)の効果についてご紹介しましょう。

効果におけるこだわりポイントとは

CONIF(コニフ)のこだわりポイントはたくさんありますが、中でもこだわりポイントの一つは、高い殺菌能力です。

汗というのは基本的に汗だけを嗅ぐと無臭なので臭くありません。
しかし、汗に皮脂腺という脂肪酸が混ざり、それを体表面に存在する常在菌が分解することによって汗のニオイを発生させてしまうのです。

CONIF(コニフ)に配合されているカキタンニンは、ニオイの要因ともなっている皮膚のたんぱく質や脂肪酸などが化学反応を起こす前に違う物質に変化させるという役割を持っています。

汗のベタつきも抑えてくれる

ニオイ対策がバッチリなデオドラントアイテムは他にもたくさんありますが、汗のベタつきも一緒に抑えてくれるアイテムは少ないです。
CONIF(コニフ)は汗のニオイだけではなくベタつきも抑えてくれます。

これは、独自に開発されたポリマー乳化という技術で、湿気をなくし1日中サラサラを実現させることも可能です。

部位が汗で常に湿っていると菌に適した環境になってしまうので、どんどん繁殖してしまいます。
それを防ぐためにもポリマー乳化は素晴らしい技術だと言えるでしょう。

ワキガには効果あり?

では、ワキガの場合どうなのでしょう。

ワキガでも同じようにニオイケアをしてくれます。

ワキガも上記で説明したように、菌の繁殖を抑制することでニオイケアとなります。

通常よりもニオイがキツいケースが見られるワキガですが、カキタンニンが配合されているので菌の抑制を行い、しっかりとニオイ対策につながるでしょう。

このように、たくさんの魅力がありつつ、しっかりワキガへの対策も行えるニオイケアアイテムだということが分かっていただけたでしょうか。

ニオイを抑えつつ汗の量や湿気を抑えることができるアイテムはなかなかありません。

それに加えて長時間持続するので、汗のニオイに悩んでいる女性にオススメのアイテムと言えるでしょう。