元々日本人には少なかったと言われるわきがですが、現在では多くの人が症状に悩んでいると言われています。
どうして症状に悩む人が増えてしまったのでしょうか?また、デオドラントクリームのCONIF(コニフ)は使うと改善するのでしょうか?

症状が出る仕組みとは

そもそも、どうして日本人に症状が増えてきてしまったのでしょうか。
まずはわきにはアポクリン腺エクリン腺という2つの汗が出てくる腺があります。

エクリン腺は透明でサラサラとした汗を出すのですが、これは成分がほとんど水だからです。
しかし、アポクリン腺は乳白色や黄色がかった色味で、少し粘り気もあります。
これは、汗に含まれる成分が糖質やたんぱく質、脂質、アンモニアなどが含まれているからです。
アポクリン腺から出た汗は、すぐに臭いを発するわけではなく、常在菌により成分が分解されることで臭いを発します。

体質と生活習慣が関与

アポクリン腺の汗腺自体が多い人や、アポクリン腺が少なくてもアポクリン腺から出る汗の量が多ければ臭いを発しやすいのです。

汗腺が多い人は体質によるものになります。
しかし、アポクリン腺から出る汗の量は体質だけではなく、生活習慣も関与しているのです。
例えば、油っぽい食事ばかりしていると、汗腺を刺激しアポクリン腺からの汗の量が増えると言われています。

他にも肥満体型で汗をかきやすい、ストレスを多く抱えている、わき毛の処理をしていないなどが、わきがの要因につながっているようです。
食生活が欧米化し脂質の摂取量が増えたり、ストレスの影響から日本人も徐々に症状で悩む人が増えていったのではないかと考えられます。

CONIF(コニフ)は本当に効果的なのか?

CONIF(コニフ)は、わきや足などの臭いが気になる部分に塗るだけで臭いや汗の量を抑制します。
しかし、普通の汗の臭いよりも強烈と言われているわきがにはちゃんと効果があるのでしょうか?

商品に配合されている成分の中に、強い殺菌作用を持つイソプロメチルフェノールが配合されています。
実はこの成分がわきがの強烈な臭いも抑制してくれる作用を持っているのです。
仕組みでも紹介したように、臭いが出るのは常在菌がアポクリン腺から出た汗を分解することで発してしまいます。
しかし、イソプロメチルフェノールの殺菌作用で菌が分解するのを抑えてくれるのです。
さらに、菌が繁殖しないように湿気をシャットアウトするポリマー乳化という成分を配合し、わきをべたつかせません。

このような成分が配合されているため、長時間強い臭いも抑えることができます。

強烈な臭いもしっかり抑制してくれるCONIF(コニフ)は、今までのデオドラントアイテムとは一線を画します。
ぜひ実際に使用して効果を実感してみてください。