脇の臭いに悩む方は多いでしょう。
様々な臭いケアのアイテムが登場していますが、なかなか効果を実感できない方はCONIF(コニフ)がおすすめです。
ここでは脇臭の主な原因についてご紹介します。

脇臭の原因と特徴

汗自体は無臭ですが、臭い原因はアポクリン腺にあります。
アポクリン腺から流れ出す汗には脂肪やたんぱく質、糖質、アンモニアなどの成分が含まれています。
これらの成分が皮膚表面にいる雑菌が成分を分解することで、悪臭を放つのです

脇から悪臭がする人は原因であるアポクリン腺が多いことが特徴です。
アポクリン腺が多いと脇の下に汗染みができやすく、そしてその色が黄色に変色していることも特徴として挙げられます。
リポフスチンという汗に含まれる成分が主な変色の原因です。

さらにその黄ばみは制汗剤と汗の相性が悪く、化学反応によって変色する場合もあるので注意しましょう。
他にも疲労や冷房による冷えなどで汗線機能が正常に機能しないと汗にミネラルや鉄分などの成分も含まれ、汗の色が変わりやすくなるのです。

悪臭を発生しやすい時期はあるのか

脇から発生する悪臭は一般的に夏場が多いとされています。
高温多湿の夏は脇汗をかきやすくなり、悪臭の原因もつくりだされやすくなってしまうのです。
さらに大量に汗がでることで汗が乾きにくいことも原因の一つになります。

脇の悪臭対策について

脇臭はアポクリン腺から出る汗の成分が雑菌による分解によって発生するため、雑菌を抑えることが大切です。
脇の生活を保つために脇毛を剃って通気性を良くしたり、こまめに脇を拭いたりする対策が有効となるでしょう。
殺菌効果のあるウェットティッシュを持参しておくと清潔を維持できます。
また、脇毛を剃る際は肌を傷つけないように注意しましょう。

さらに脇の清潔をキープするには入浴時にもポイントがあります。
皮膚には良い効果をもたらす細菌もいるので、優しく洗うことが大切です。
肌が乾燥すると皮脂の分泌が増え、雑菌を増やす原因にもつながります。
また、洗い残した洗剤も雑菌を増やしてしまうのでしっかりすすぎましょう。

CONIF(コニフ)で脇の悪臭をブロック

デオドラントクリームのCONIF(コニフ)には、消臭に有効なカキタンニンを配合しており、強力な殺菌効果があります。
なので、汗の成分を分解する雑菌を減らすことで、悪臭を防ぐことにつながるのです。
即効性も高いので外出でも持ち込めば、すぐに脇の悪臭をブロックすることができます。

CONIF(コニフ)は気になる脇臭もしっかり押さえてくれる優れものです。
制汗効果もあり、約72時間も持続する特徴も魅力的です。
脇汗や臭いに気にしている方は、ぜひ使って悩みを解消しましょう。