乳首の周辺で発生する臭いのことをチチガと言うのですが、その臭い対策としてオススメなのがCONIF(コニフ)です。
CONIF(コニフ)の特徴と乳首周辺が臭う原因を紹介していきます。

胸の臭いに気づいていないことも

自分の臭いは意外とわからないことも多いです。
なので、もしかしたら乳首周辺から臭いが発生している可能性もあるのでセルフチェックをしてみましょう。

  • わきがである。
  • 耳垢がカサカサしていなく湿っている。
  • 下着に黄色いシミができることがある。
  • 下着が湿っているときがある。

以上の項目に当てはまるのであれば、チチガである可能性が高いです。
わきがであると可能性はより高まるので、早めに対処していきましょう。

乳首周辺が臭う原因とは

乳首周辺が臭ってしまう原因はわきがとほぼ同様となっています。
乳首の周辺にはアポクリン腺という汗腺があります。
たんぱく質や脂質などが混ざることで独特の臭いが発生してしまうのです。
なので、アポクリン腺の汗腺の量が多かったり活発であると乳首から悪臭がでることが多いです。

また、女性の場合ホルモンが活発になることで悪臭が発生する可能性もあります。
妊娠や授乳をしているの方が乳首の臭いで悩んでいるのであれば、一時的なことである可能性があるので、授乳期が過ぎた段階で治まることもあります。

気になる臭いの対処法とは

乳首周辺の対処法はわきがよりも簡単と言われています。
脇よりも汗腺が少なくケアでの効果が得やすいのです。
清潔に保ち、通気性の良い服を身に付けることで効果を表れる可能性が高いです。
また、市販のデオドラントクリームを試すのも良いですが、胸周辺にも使用できると表記してある製品を選ぶようにしましょう。

CONIF(コニフ)は子供にも使える優しい成分

チチガにも使用できるデオドラントクリームは意外にも多くあります。
多くの人が悩んでいることなので心強いのですが、乳首周辺は皮膚が薄いこともあり市販のクリームを塗っても大丈夫なのかと心配する人も多いでしょう。
さらに香料・合成着色料・エタノール・パラベン・タール系色素・紫外線吸収剤を使用していません。
なので、お肌に優しく安心して使えるのです。

なぜ乳首周辺の悪臭に良い?

このデオドラントクリームにはアルミニウムヒドロキシクロライ、イソプロピルメチルフェノール、
ポリマー乳化が配合されています。
制汗・殺菌・撥水作用があるので臭いを徹底的にケアしてくれます。

CONIF(コニフ)は皮膚が薄くてかぶれが心配な部分にも安心して使用できます。
チチガは臭いに気付きにくい場所でもあります。
原因を知って臭い対策をしていきましょう。